スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うさぎちゃん

3日は下北沢のGARAGEに行ってきました。
4日も下北沢のGARAGEに行きました。
5周年のお祝いです。
Dizzy up the girlsの音に出会ってからまだ日は浅いのですが、
こうやって記念の日に立ち会うことができて嬉しいです。

Dizzyのライブは、いつも楽しみに行く。というのが基本の心持ちだったので、
1曲目「ラストスマイル」が始まって國分さんが歌い出した瞬間に
ありがとうとおめでとうと他にもいろんな気持ちが押し寄せてきて涙が溢れてしまって、
自分でも驚いた。
國分さんの歌う声から、体中から、ありがとうが伝わってきたからかもしれません。

あの場にいたみんなの笑顔は、嘘じゃないよ


いつもよりセンター寄りに入り込んだため見事な亮さん隠しに遭ってしまいましたが、
ワンマンなのでソロMC(?)してくれました。

前日にも聴かせてくれた新曲は、
進むことも、止まることもできないでいる私に力を貸してくれる
そんな曲かもしれない。
また、聴きたいです。

そしてなんと太平さんボーカルの「Stand me up」もやってくれまして。
CDでしか聴いたことなかったからちょう上がった。

3日は久々に國分さんは白シャツを着てらして、
初めてDizzyのライブを見た日のことを思い出したんですよ。
あの時に、白いシャツで白いギターを抱えて歌う「声」に、神がかったような光を見て、
心ごと持って行かれそうになったのを
思い出しました。

「体温」のときのイチモトさんと大平さんのアイコンタクトがなんかちょう楽しいことになってて、見てるこっちの方が楽しい。

Dizzyの音って、演ってる側と聴いてる側とがお互いに近付いてちょうど中間で響いてる
そんな感じがします。
こちらに迫ってきたり、引き込んでいったりするんじゃなくて、
お互いに歩み寄るというか、寄り添うというか、
こっちが楽しんでないと向こうも楽しめないし、向こうが楽しんでるからこっちも楽しくなる。
やっぱりうまく言い表せないんだけど本当に絶妙なバランスで、
極密接に近い距離感で成り立っている感じなのです。

アンコールはいつもの、イチモトコールで。
愛されてるよねえ。いや、いじられてんのか。

ダブルアンコールはこれまた、こくぶコールを。
「恋する惑星」をみんなで歌って。
一番眩しかった気がする。

終演後に國分さんが「感無量。」って話してくれて、
そのライブに参加できたこと、目の当たりにできたこと、
そしてそれを伝えてくれたことに、私は感無量です。

ありがとうと、おめでとうと、
これからもよろしくね。

コメント



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

http://komcomon.blog16.fc2.com/tb.php/229-29e392be
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。