スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌うたいはお月様の下で

月明かりより街中の明かりの方がまぶしかったから。


予定外の報告会議(いわゆる残業)で随分と遅くに会社を出ましたが、それでも途中下車。
向かうは新宿駅南口です。
ちょっと行かない間にさー、工事が進んでて迷路みたいになってるよー。

もう終わっちゃってるかなーと心配しつつ、音の鳴ってる方に近づいてったら、
いました。はっけん。良かったー。
ちょうど2回目の準備中?だったみたいで、すぐライブスタート。
なんでかちょう近場に立っちゃって、位置取りしくじりましたかね。。音が・・。
アンプの真横にいたらそら聞こえないわな。

素通りしていく人の方が多いんだけど、ふいっと視線をずらしたら、
サラリーマンのおじさんが立ち止まってて鞄持ってない方の手でリズムとってるのが目に入ったんです。
それがなんかちょっと嬉しくって。

場所を移動するということでメンバーさんが行ってしまったので、こっそりこそこそ後をつけて、新南口まで。
さっきは近過ぎた。という反省のもと、今度はちょっと遠巻きから眺めてみました。

秋の夜の涼しい風と、竜史さんの通る声が、
とっても合っててすごく柔らかい空気に包まれてました、駅前。

こちらでは外国人の方数名が、演奏中の彼らをカメラでパチリ。
日本の素敵な思い出のひとつになったかな。

あっちと、こっちで、3曲ずつ
6曲聴くことができました。


私がめったに走らないこととか
名前も、
最近あんまり食べてないことまで
なんで彼らには分かっちゃうんでしょうねえ。
すごい感受性、というか観察眼お持ちですね。

今日は最後まで耳が聞こえ難くならなくて良かった~。(昨日は危なかったの~。)

ちょっとね、諸事情によりワンマンには行けないのですけれども、
10月7日は、RAVEのワンダーワールドが煌めきますように。
スポンサーサイト

黄緑

9月の最初の土曜日
お昼まで仕事してから新幹線に飛び乗って、ひゅーんと西の方に向かいました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。