スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月9日

散々、不安や不満をこぼしても
それでも
まだちゃんと

どきどきして、

わくわくして。

相変わらず止まらなくなる
涙に、

安心するのです。



今年も、少しだけ特別で
いつもと変わらない
穏やかな1日でありますように。



スポンサーサイト

すきだらけ

20日、ちょっとだけ地元に帰って、すぐ戻ってきました。
ほぼ日帰り強行遠征です。  

今日は、他のことは考えずに
レミオロメンのライブを、楽しみに行こう。
と、ひとり強い決心をして向かいました。
    
帰る途中、窓から見えた雪が
とても眩しかったの。
    
我が姉がなかなかナイスポジションのチケットを獲得してくれたおかげで 
予定外にTシャツ購入しちまいましたぜ。
しかも、わりと長身の私が一番低いという、
これまたレアな状況のメンバーで横並び。後ろの人見にくかっただろうなー。 
 
1月の千葉には、途中からの参戦だったため、
最初っからちゃんと見れるのは今回が初なのです。
セットリストはなんとなく知ってしまっていたので、大きな驚きはなかったのですが  
1月じゃなくて今、聴けたこと 
そして新潟で、聴けたこと  
良い意味で大きな大きな衝撃でした。

楽しんでるふりなんかじゃなくて、ほんとに
ほんとに楽しくってしょうがなかった。

やっぱり、特別なんです。

もうだいじょうぶ。
また、たくさん力をもらいました。
ありがとうございました。

温泉・・?

大遅刻しました。
前半は見逃しました。

それでも、千葉まで行って良かったです。

変化を恐れずに私も変わっていけたら、変われるよう、がんばりたいと思います。


タオル、好きなんです~。

当たったった

本日、受け取りました。これ

レミパス
某お昼のラジオ番組でプレゼントしてたパスケースです。

神々しい光を放つ箱に丁寧に入っておりました。
箱の上には

レミオロメン
 2007 春 

の字が。(写真参照←見にくくてすみません)
ラジオでは白いパスケースって言ってましたが、アイボリーに近い優しい色です。
裏にレミオロメンのロゴが型押しされてます。

もったいなくて使えないようー。と思って
入れてみたのが、これ
39定期
学生の頃の定期券。
わざわざ期限が3月9日になるように購入し、
切れた後はこれまたわざわざ切符を買って登校していたという
イタイ気違いっぷりを露呈する思い出の定期です。

さ、このまま大切に保管しましょう。
そして時々箱を開けてにんまりします。ふふふ。(怪し過ぎです)

送り状のなまえが間違っていたって気にしません。
会議が長引いたためにラジオちょっとしか聞けなかったのに当たったんですもの。
ありがとうございます。

もうちょっとだけ見てにやにやしてからしまおうっと。

3月9日

いつもと変わらない、普通の1日。

少しだけ特別な、1日。

とてもとても大切な1日でした。


この先も変わらず、この日を大切にしていきたいと思いました。

おめでとうの風

ちょっと過ぎちゃったけど、やっぱりこっちにも持ってきました。

おめでとうって
ありったけの想いを込めて
お祝いしてるみたいに
満開だったから。

サクラ


私の気持ちをも、代弁してくれてるみたいに
満開に咲き誇ってたから。

年末の話。

おっ、はりがねお久しぶりです。
どうもどうも。

とまあ軽~い調子で書き始めつつ、
私、年末ぶっ飛びます。(いきなりなんのこっちゃ)

当初の予定では4日間の祭に行こうかな~なんてゆらゆら考えてたんですけども、
スケジュールとにらめっこして、
自分の体力気力と相談して、
勢い任せで、
最終日福岡を選択しました。
キャー、行っちゃうもんねー。

愛すべき地元とわりかし本命だった近場に、どうしても行くことが出来ないため
飛び出すことにしました。
しかも発券したら、すごい前。(たぶん)
ロー○ンの店頭で思わず固まりましたわ、私。

来年になったら諸々の事情であまり(というかほとんど)身動きが取れなくなるので、少しでも動ける今のうちに行っとこうと思います。

遠く見知らぬ街で聴く彼らの音はどんなかなあ。
と、今から楽しみです。

まだ止まらない

滑走路ライブのレポは全然進んでいませんが(放棄直前)、
とりあえずこれだけ手短に。

13日に東京に戻ってきて(自宅滞在40分)、真っ先にPCでニュース確認したら
滑走路ライブの記事よりも先に目が行ったのが、
これ
おやまあ、レミオロメンのお天気操る力は富士山にまで及んでいましたよ。
単なる偶然って言ってしまえばそれまでだけど、
これ見た瞬間、なんかね、ホントに自然も全てがレミオロメンに味方してるんじゃないかって思ったよ。

ライブ翌日に帰った地元の景色がさ、山梨の景色になんとなく似てて、それだけで胸いっぱいだったの。
っていうか普通ここ↑逆ですよね。あはは。

それからさっき、3人のことを一番近くで見ていた2人からの言葉も拝見しました。
サポートのキーボード、カメラマン、それぞれの立場でも最高のライブだったんですね。
・・そりゃそうだ。
観客のうちらにとっても最高すぎるライブだったんですから。

あんなにずっと笑顔でいて、
あれだけ幸せだー!!って感じたライブだったのに
思い出すと涙が止まらないんです。どうしよう。

いっぱい書きたいことあるのに、まとまんないや。(やはり放棄か!?)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。